福知山城の紅葉写真、伯耆丸からの大小天守、明智光秀と秀満

明智光秀公ゆかりのお城、そんなイメージがあった福知山城。

丹波国・山陰道沿いの要所になる福知山城、主は明智光満。

福知山城の紅葉写真

紅葉見事な秋に訪問、伯耆丸から望遠レンズで撮った写真、大天守と小天守がはっきり見える。

福知山城の全景をはっきり撮影できるスポットは、間違いなく伯耆丸公園。

ケイタイのような広角レンズでは撮れないけど、望遠レンズを持って伯耆丸公園の奥、お城に最近のフェンス越しに撮ろう。

明智光秀の旗印・水色桔梗がたなびく福知山城、紅葉の朱色と対照的な色。

福知山城の紅葉写真

どーしても、犬さんの顔にしか見えない福知山城大天守。

超望遠レンズで伯耆丸から切り撮る、これは福知山犬だ。

転用石の向こうにボケさせた紅葉。

戦国時代なのだから、石垣に何かの石を使ってしまうのも合理的、石仏とか、石の塔とか。

固い城の守りに華を添えて、紅葉という朱色は血の匂いを連想させるけど。

福知山城は、以前の名前を横山城と言い、地域の国衆の居城であり、その後の改名後は明智光満が城主に。

実際の戦を体験している、実用的なお城。

紅葉&青空、そして福知山城の大天守。

石垣は高く、僕はあなたを乗り越えられそうにない。

福知山城の紅葉写真

福知山城公園・昇龍橋からの写真、ここの撮影スポット。

大天守から小天守と周辺を入れて撮影。

福知山城の紅葉写真

続100名城の福知山城、あの明智光秀公の何かに触れられたようで、記憶に残る訪城になった。

-⭐️普通の写真, 写真(お城)