蹴上インクラインの桜写真、琵琶湖疏水の撮影スポット

2023年4月1日

京都には神社仏閣と重ねた桜名所は数多くあれど、それとは一味違う桜名所が蹴上インクライン。

インクライン琵琶湖疏水の桜写真

滋賀県大津市から、琵琶湖疏水第1トンネルを通って蹴上まで大量の水が流れてくる。

蹴上疏水のトンネル出口に桜、この日は桜吹雪でした。

インクライン琵琶湖疏水の桜写真

疏水から船を上げ、インクライン(傾斜鉄道)で陸送して、南禅寺まで船を運んだ。

そのインクラインの左右が、現代では桜の名所になっている。

水の流れを桜は相性がいい。

でも桜の名所、写真撮影スポットすぎて、満開の日中では人のお姿が多過ぎる、なかなか撮れません。

京都の水は琵琶湖疎水によって支えられている、そのお話は冗談ではなかった。

580mほどのインクラインを下っていく、足元に気をつけながら、桜を眺めつつ。

南禅寺船溜まで着くと、やはりここも桜スポットだ。

南禅寺船留写真

南禅寺船溜、この広さはもう港。

南禅寺船留写真

そして再び船は出る、桜に見守られながら。

平安神宮から南禅寺船溜を見る、桜並木が素晴らしい。

インクライン琵琶湖疏水の桜写真

琵琶湖疎水と桜のコラボが見える蹴上インクライン、京都の桜名所のひとつ。

2013年撮影

インクライン桜写真

廃線が観光場所になっている、京都の景色にすっかり溶け込んだインクライン。

琵琶湖からつながる疎水がすぐ隣に流れているのに、インクラインの方が主役だ。

インクライン桜写真

鉄路の上を歩く不思議体験、両脇には桜並木。

京都市内で水が使われ、水力発電、水運もあった琵琶湖疎水。

インクライン桜写真

役目を果たした後、観賞用に価値も見いだされるのは悪くない第二の人生ね。

インクライン桜写真

並走するインクラインと琵琶湖疎水、どうしてもインクラインの方が目立つ。

線路の上は歩きにくいのに、みんなに愛されて。

インクライン桜写真

蹴上のインクライン、また別味の京都の桜名所。