鶏足寺の新緑写真、旧飯福寺・滋賀県長浜の青紅葉名所

今年も新緑を撮ろう、できれば未知の場所で。

そう思い立って、ウェブ上で探し当てたのは滋賀県長浜市の鶏足寺(旧・飯福寺)

新緑名所の探し方は簡単さ、秋の紅葉の名所に行けば、そのままそっくり初夏の新緑の名所だから。

鶏足寺の新緑写真

真っ直ぐ一本の参道、この石段の連なりが鶏足寺の全て。

石道寺の駐車場から山道を歩いてきて、この参道の前に立った時、「ここか!」とすぐ分かった。

安土城の大手道を連想したよ、魅せるための直線空間、防衛の観点を切り捨てて、人々の印象を掴むの?

この素晴らしい仕掛けに心打たれて、カメラで写真を撮る前に、僕は一息ついたっけ。

新緑の季節は良いね、こんな名所なのに僕の他に誰も歩いていない鶏足寺の参道、存分にシャッターを切れる。

そして呼吸を忘れるほどに写真を撮りまくった、平日の仕事疲れなんてその効果に見事消し飛んだ。

鶏足寺本堂というか、旧飯福寺の名残というか、伽藍はとうの昔に焼失して、寺跡はただの復刻された小屋。

これがありがたいのではない、この参道の両脇・上下を覆い尽くしているもみじがここの命。

鶏足寺の新緑写真

上の写真は超広角レンズで撮った一枚、森の中を参道が一本突き抜ける様子が分かるだろう。

秋はこの参道に人がいっぱいらしい、山の麓の駐車場からこの鶏足寺まで1時間は歩かないといけないのだとか。

なのに新緑の鶏足寺は無人の如し、結局僕がすれ違ったのは2組だけだった。

鶏足寺の新緑写真

写真に撮れば、この正面のアングル一本勝負だから、それはつまらなくなるけど。

鶏足寺の石段、見る者を魅せる仕掛けが込められた参道。

紅葉の時にも鶏足寺を獲れるのだろうか、撮れたとしても人の姿が多数写ってしまうのなら。

秘密の場所、期待以上の風景撮影被写体の最高峰、カメラマン日和というものだな。

この己高山は山岳信仰で知られるし、この一帯は少年時代の石田三成、長浜城主だった羽柴秀吉も歩いただろう場所。

歴史ロマンまでが僕に語りかけてくる。

鶏足けいそく=もみじ を意味する言葉、ここはつまり紅葉寺を名乗っているのだ。

鶏足寺の新緑写真

僕にとっては今年の新緑の代表作が撮れた鶏足寺、この時のこと僕は忘れないでしょう。

こんな景色の中、山奥にあるのが鶏足寺、秘密の場所らしさが出ている。

すぐ近くの神前神社の石段がまた美しすぎて、走らせていた車を急に停めてしまった。

あなたたちは僕を良い意味でびっくりさせてくれた存在ね。

まつきよ
まつきよ
鶏足寺の新緑」YouTube動画も見てね!
  • この記事を書いた人

まつきよ

大好き♡ → カメラ / 風景写真 / お城 / 戦国歴史 / 和文化 / ランニング / コストコ
ブロガー / Twitterフォロワー1.3万人 /
高品質な遊びを,芸術家肌で楽しむ
プロフィール 写真販売

-⭐️普通の写真, 写真(風景・街)