IKEA札幌北海道オープン中止、ニトリ強くイケアできず

2014年に札幌市民は歓喜したな、あのイケアが札幌でオープンというニュース

そうだよね、いくらイケアの商圏最低人口が100-150万人と言われていても、

北海道の中核を担う札幌市の人口数はそんなものじゃない。

 

札幌市 人口195万人
北海道全体人口528万人

 

イケアの故郷・スウェーデンとは緯度15度ぐらい違えど(札幌の方がずっと南)、

北国生活と言う意味では似ているし、イケアの家具は北海道民にはウケるのではないか。

 

気になるのは日本の家具屋大手・ニトリのこと。

ニトリは札幌市北区から似鳥さんが始業した、札幌を代表する企業の一つだ。

家具+ホームファッションを合わせたホームファニシング業態は、イケアと丸かぶり。

むしろ、成長期のニトリがイケアから学んだ部分があると聞く。

そんなニトリの本家本元に乗り込もうとするイケアに勝機はあるのか?と心配の声はあった。

 

大規模商業施設のオープンに数年単位の待ち時間はつきもの。

そう思って、イケアのオープンを悠長に待っていたが、それが何年経っても着工のニュースが入らなかった。

それは札幌市のみならず、同様にイケアのオープンが公表されていた広島・前橋・静岡でも同じで、

用地を確保済みの広島・前橋ですら建設工事は始まらない。

放置プレイもいい加減にして、と苛立った頃、2019年8月に、イケアは札幌への進出を正式に断念する発表をした。

 

 

えっ?(分かっちゃいたけど)イケア札幌はオープンしないことで決まり?

ずっと楽しみにしていたのに、それは悲しいお知らせね、イケアさん。

 

場所は札幌市内なんて言わないから、江別市でも石狩市でも、札幌郊外の安い環境でオープンさせてよ。

悲しみにくれる札幌イケアファンだったが、

計画中止にならざるを得なかった理由が寄せられると、まぁ納得と言うか、その通りって言う感じ。

 

イケア札幌北海道

 

  • IKEAは2016/8まで黒字だったが、2017/8で約14億円の赤字、2018/9で約30億円の赤字、2019/8で約8億円の赤字、と深刻な業績不調
  • 背景として、郊外に大型店舗を出すビジネスモデルが成り立たない(イオンモールやコストコみたいな郊外大型店舗では、家具店は儲からない)
  • 今後は都市中心部に小型店舗をオープンさせ、アンテナショップとして集客(販売はオンラインや取り寄せ)するビジネスモデルに転換
  • 東京の原宿に、通常店舗の面積1割のIKEAショールーム的なものを作ったが、今後はこのタイプが中心になる
  • 札幌でいえば、特に地元でのニトリの強さが際立っていた
  • IKEAの社風として広告宣伝費にあまりコストをかけないが、逆にマーケティング上手なニトリの集客力に及ばなかった

IKEA札幌

 

こうして、札幌イケアのオープン構想は夢幻に終わった。

時遅し、時期を逃した札幌イケアは、今後よっぽどオープンする可能性は無いだろう。

 

IKEAの配送センターを通じた通販はできるけど(送料は高いが)、

それで満足できるものではなし、いつか、何かの潮目が変わった時の再計画をひたすら待っている。

IKEA札幌北海道の動画を、YouTubeにあげました!

自分で運び・作る、このイケアセオリーを長久手イケアでも踏襲できるか?

フルサービスに慣れている東海地方の人たちは、家具を自分で組み立てるという意識は薄い。

イケア商品の安さが配送・組立を自分で行うことが理由としても、当初は通用しないロジックになるだろう。

 

もちろん、日本の他店舗でも同じく自分組立(DIY=Do It Yourself)の理解度の低さで

痛い目にあっているだろうイケアだ、なんらかの代案を持って長久手イケアをオープンさせるとは思う。

 

自分で運ぶという点では自動車と高速道路網が発達した東海地方だから課題はない。

リニモ公園西駅に隣接してできる長久手イケア、逆に鉄道での来客は見込みよりも少ないはず。

すぐ近くにできる長久手イオンを合わせて車で回る人が多いのでは。

 

環境とか見栄えとか先進性を考えてのリニモ駅直結、実態はどう考えてもマイカーでの来店客ばかり。

だから長久手イケアで購入した商品を重くてかさばるから、店から自宅まで配送を頼む人は少なくないはず。

来るべき東海大地震の備えとして、耐震仕様の設置・組立は当社へお任せ!みたいな宣伝文句は強い。

「配送は自分で、組立は専門業者で」というのが長久手イケアのスタイルになると予想する。

 

 

ブーム到来、モテる男は週末に長久手イケアの家具を自分で設置・組立する!

そんな記事が東海のファッション雑誌を飾って、イケメンの条件・趣味にDIYがお目見えする。

まぁそんなはずはないよね~、欧米文化にはありそうな感じだけど、日本ではどうでしょう。

イケア家具芸人とか名乗って、先駆者が出れば面白そうだけど。

 

長久手イケアでは組立サービスが標準化され、当初は別料金のカタチで名札に明記。

次第に、基本料金に含めて記載したほうがスムーズと感じて、込み料金で表示。

自分で組み立てする稀でヒマな人向けに「組立を自分でしたら●%割引」という表記になる。

イケア本国での発送とはかけ離れた運用、そんなイメージを長久手イケアに思い浮かべている僕だよ。

イケア長久手は物流力にモノを言わせて圧倒的なサービスを示すのではないか。

名古屋・中部地方待望のイケア長久手、2008年にイケア弥富物流センターがオープンしてから実に7年越しの名古屋ストア出店

伊勢湾岸自動車道を走っていると、名古屋港の近く、湾岸弥富インターチェンジ付近でイケアのロゴを見る。

「あっ、これってイケア名古屋かなぁ?」と淡い期待を抱く人も多いだろう。

広大な建物、イケアの店舗を連想するのは当然なのだが、それがイケア弥富物流センター。

日本の各店舗へは、世界各地から一旦このイケア弥富物流センターへ届き、各地へ配送される

ということはだよ、イケアの物流拠点が名古屋にあるのだから、中部地方への出店は合理的なはず

誰もがそう思っていたが、2008年頃にアリオ赤池の建設予定地にイケアやコストコが出店名乗りをあげてからリーマンショックの影響も強かったのか、時間ばかりが悪戯に流れていった

2016年、ついにイケア長久手がオープン予定だよ!とニュースで知ったときの喜びはひとしお。

関東・関西に店舗を持つイケアにとって、ここ中部地方は物流の中間地点、名古屋港の物流力の恩恵

今後、日本各地の政令指定都市に出店する計画があると聞くイケアだ、物流センターが核になる。

そのお膝元にある愛知県長久手市のイケア長久手、力が入らないワケがない。

期待してしまうのは、前代未聞のインターネットショッピングサービスの新規導入

だって、物流センターが近所にあるんだもん、東海地方限定でもサービスが始まるかもしれない。

イケア非公認の購入代行業者が暗躍する現状を憂うなら、イケア長久手から着手してもおかしくはない。

イケア長久手には、普通に中部地方初出店を歓迎しつつ、一歩進んだサービスを期待したい

もう叶わない夢だと思っていたイケア前橋が2024年オープン予定との報道が、2021年12月にあった。

イケアジャパン側が群馬県前橋市へ開業計画を伝えているとのことだが、それ以上のニュースはない。

 

ずっと楽しみに、きっと今後こそ、イケア前橋が実現するかもしれないね。

2022年の春から夏にかけて正式に発表されるらしい、それは地元の一大吉報になる。

ずっと残っていたIKEA用地の看板が一時撤去されるというびっくりがあったけど、結局看板は戻った。

だから大丈夫だと信じたい、IKEA前橋のオープンを。

 

前橋IKEAオープン写真イケア

 

イケア前橋という伝説上の生き物がいた。

2013年にそのオープン計画が発表され、最短で2016年の春に実際にオープンするはずだった、幻の商業施設・群馬IKEA。

イケア群馬というか、イケア高崎というか、

まぁ周りの栃木ら北関東の県も含めた「IKEAイケア北関東」になるはずだった憧れの存在。

 

パワーモール前橋みなみというショッピングモールの一角に、

「イケア予定地」の看板だけが今も残された、イケアIKEA前橋の建設計画場所。

コストコ前橋という強烈な個性が入っているパワーモール前橋みなみに、

イケアストアまでも持ってきてしまうという大胆な発想は、もっと大都市なら分かるけど、

群馬・前橋クラスには贅沢じゃないかな?採算取れるのかな?と老婆心ながら心配していたものだ。

 

IKEA-Gumma-maebashi

 

本当にオープンするのかな、イケア前橋は。

疑心暗鬼で過ごしたそれからの数年間、オープン予定地に重機が入って何かの作業が始まることがなかった。

そして、2019年には同様に計画されていたイケア札幌の計画断念連絡が入ってきたことで、私はもうイケア前橋も諦めたつもり。

 

何故って、そもそもの基本体力というか、人口数で歯が立たない札幌市でダメならば前橋で通るはずがない。

それはね、札幌はニトリの本社がある土地だから、多少そのことを割り引いて考えないといけないにしても。

北関東の全人口がIKEA前橋に通う、みたいな気合はだめだ。

ビジネスだからもっと冷徹に現実的なマーケティングをしないといけない。

 

前橋市 単独人口  33万人群馬県 全体人口 192万人
広島市 単独人口 119万人広島県 全体人口 281万人
札幌市 単独人口 195万人北海道 全体人口 528万人

 

どうやら、イケア・ジャパンはビジネスモデルの転換をしないと今後生き残っていけない深刻な状況にあるようなのだ。

ウェブ上から聞こえてきた下の声、確かにあぁ分かりますよ、という内容だった。

 

・IKEAは2016/8まで黒字だったが、2017/8で約14億円の赤字、2018/9で約30億円の赤字、2017/8で約8億円の赤字、と深刻な業績不調

・背景として、郊外に大型店舗を出すビジネスモデルがIKEAでは成り立たない(イオンモールやコストコみたいな郊外大型店舗では、家具店は儲からない)

・今後のIKEAは都市中心部に小型店舗をオープンさせ、アンテナショップとして集客(販売はオンラインや取り寄せ)するビジネスモデルに転換

 

従来のイケアストアのうち、地方店舗での赤字がすごいと聞く。

イケア前橋がもしできたとしたら、完全にその郊外ストアと同一の状況になるだろうから、

つまりは赤字覚悟でオープンさせるほど甘くないはずだよ、イケア前橋は。

 

新型コロナウイルス禍もあるのだろうが、IKEA前橋オープン実現に向けての経済環境的なハードルはずっと上がっている。

有り体に言えば、札幌や広島で実現していない今、IKEA前橋が陽の光を浴びる日は来ない気がしてるよ。

とりわけオープン中止が確定したIKEA広島のことが決定打になった。

上述の通り、人口数で群馬県を上回る広島県、場所は広島駅のすぐ隣という要地を確保したはずなのに、

それでも計画撤回が決定したIKEA広島、2021年11月に中止確定が決まった矢先。

 

北関東を代表する「IKEA前橋群馬」はオープンするの?

残念ながらですが、夢は夢のままで。

 

(以上は2024年オープン予定のニュースが出る前に書いた記事です)

 

確約だ、イケア名古屋は長久手にできるよ。

イケア・ジャパンのピーター・リストCEOが、東洋経済の2014年9月4日付け記事でこう言っている。

長久手市ではすでに土地を取得し、2016年以降のイケア長久手の出店が確定している

名古屋・長久手への出店報道以来、前に進んでいるのか目に見えなくて、

ネット上でまことしやかに伝えられるイケア長久手の中止・撤退のウワサに、心を痛めていた。

 

溢れる喜びを抑えられない僕は、長久手の現場に走る。

リニモ・公園西駅に隣接した土地が、未来のイケア長久手の場所だ。

あぁ、ついに重機が入ったよ、3台のブルトーザーが聖地を開始しているのが確認できた。

CEOの言葉と、目の前の事実が重なって、ひとつの方向を指し示している。

イケアは長久手にやってくる、2016年以降と時期は未定だけど、出店は間違いない。

 

まだほとんど手つかずの現場、整地から建設、道路や駐車場の整備と膨大な工事があるから

僕の大好きなイケア名古屋のロゴが見れるようになるまでは、まとまった時間が必要だろう。

 

だけどもうマイナスの方角に戻ることはないイケア長久手の出店を、

少~しも寒くないわ♪と鼻歌まじりに恋い焦がれることにした。

 

 

名古屋イケアのオープンで、長久手の個性が際立つのが怖い。

愛知県は名古屋市(人口最大)と豊田市(面積最大)の二極化だが、

その二大都市の中間地には幾つかの中小都市がある。

 

名古屋を尾張の織田信長に、豊田を三河の徳川家康に見立てて、

二英傑の領土争いの狭間で、どちらの味方になるか試されている中小城主のようだ

日進・東郷・みよし・長久手・豊明・瀬戸というその中小城主たちは

互いに存在感を出そうと、独自路線を進化させることで生き残りに奔走している。

 

お家取りつぶしの恐怖は現実のもの、2005年には豊田市は周辺6町村を合併済みだ。

長久手の唯一無二の街創りは功を奏していて、他から頭一つ抜けているよ。

 

昔は、小牧・長久手の戦いの現場として、尾張の豊臣秀吉と三河の徳川家康の狭間にあり、

現代は、愛・地球博のメイン会場として、全国に長久手市の名をとどろかせ、

未来は、名古屋イケアのお蔭で、東海地方唯一のIKEA保有都市になる。

 

IKEAオープン写真イケア

 

人口5万人の中小都市としては明確に名を訴求するものが3つもあるという希有な情勢。

愛・地球博の際にできたリニモは、モノレールというか、拡大解釈すればリニアモーターカーだ。

名古屋のベッドタウンとして発展している長久手市、

「長湫」と書いて「ながくて」と読む地名古語もあり、新旧合い混じったブランド力の長久手

 

他の中小城主たちはこの長久手に嫉妬せんばかりの様相だったりして。

昔と現代は変えられないにしても、未来を印象付けるものに、名古屋イケアと長久手イオン

リニモに乗って、名古屋イケアに北欧家具をショッピング、長久手古戦場駅の長久手イオンで休憩。

愛・地球博跡の万博記念公園でのんびりお散歩、みーんな長久手で楽しめる♪

車移動が常識化している愛知県、長久手にはちゃんと高速ICもあるし、移動には困らない。

大学の多さでも抜群の長久手市、若者は多くいるし、町には活気がある。

 

トドメはやっぱり名古屋イケアができること、名古屋市でも他の市町村でもなく、

何故にどうして長久手にできるのか、他の中小城主たちが歯をキリキリさせて羨ましがるよ。

 

名古屋イケアの誘致を成功させた長久手関係者たちの不断の努力に脱帽して、

生き残りチキチキレースに決定的な大黒柱を打ち立てた長久手に拍手をしようじゃないか。

名古屋イケアのオープンで輝く、唯一無二の長久手の個性

 

群馬IKEAオープン写真イケア

 

長久手イケアへはモノレールへ乗って行こう

このコンセプトは、愛地球博以来の長久手オリジナルアイディアと知りつつも、

近似値というか、Nealy Closeなものを見つけた

 

あれは東京の立川へ出張したときのこと、デパートが立ち並ぶ立川駅に驚き、

10年前ぐらいの立川駅の面影が乏しいことで、感傷にふけっていた。

お得意様訪問のため、多摩モノレールに乗るとイケア立川が見えた。

 

何もイケア立川に立ち寄ったわけでもないのに、そのわずかな瞬間だけで、

私にはモノレール+立川イケアの残存イメージが強烈に思えた

イケアというロゴと旗の色使いが御洒落なのは今に始まったことではないが、

そこにモノレールという未知の乗り物、地上でも地下でもなく、

地宙を飛ぶモノレールが隣接しているだけで、何かサイバーシティーを感じた

 

だから長久手イケアへもモノレールに乗って行こうと思う。

偶然にもイケアとモノレールが重複した長久手と立川というふたつの街。

長久手リニモという空中の存在と相性の良い長久手イケアであって欲しい。

 

モノレールに乗って日常の食料品をショッピングに行く?

非日常(リニモ)と日常(食料品)のかけ合わせは上手くない。

モノレールに乗って北欧ブランドの家具をショッピングに行く?

 

非日常(リニモ)と非日常(イケア)のかけ合わせは上手いものだ。

シンクロする2つの非日常が合わさって、なんともいえないお祭り感が醸し出される

それが長久手イケアの楽しさだと、そんなことを考えていた東京出張だった。

 

 

IKEAが長久手にオープンする、そのイメージ戦略に納得

東海地方で初めてのIKEA、名古屋市をちょっと外れた郊外に。

長久手と聞いて思い浮かべるのは、愛知万博の開催地だったことと、小牧長久手の戦いぐらい

 

愛知万博 ⇒ 世界中の人たちが集まった ⇒ 東海で馴染みのない外国企業がくるのも自然+楽しみ。

現代の長久手には、リニアモーターカー鉄道と万博跡地(愛・地球博記念公園)がある。

 

そのIKEA長久手の建設予定地を訪れたのは2013年12月上旬のこと。

公園西駅の前は、写真の通り、まだ何もない平地。

ただね、愛・地球博記念公園の象徴である大観覧車が見えているし、高架にリニモも見える。

 

IKEA長久手の完成予想図をイメージすれば、スウェーデンデザインのIKEA長久手、

万博の思い出がすぐそこに見えていて、エコ+近代的なリニモの駅から直結。

なんというか、愛知万博の再現というか、日常を離れた文化の香りがする。

それがIKEA長久手のイメージ戦略だとしたら。

2013年12月上旬の時点では工事着手どころか、予定地にある住宅の立ち退き準備すら、まだ。

 

オープン予定は2016年だというIKEA長久手、お姿を見せるのは当面先のこと。

隣の隣の駅にイオンモール長久手ができるほうが先になるのかな。

2005年の愛知万博の記憶を抱いて、IKEA長久手のオープンを心待ちにしているのは僕だけじゃないはず。

 

  • この記事を書いた人

まつきよ

大好き♡ → カメラ / 風景写真 / お城 / 戦国歴史 / 和文化 / ランニング / コストコ
ブロガー / Twitterフォロワー1.3万人 /
高品質な遊びを,芸術家肌で楽しむ
プロフィール 写真販売

-詩的日記