週末ランニングコース・フルサイズ一眼レフカメラ〜2013年詩的日記

2013年12月31日

アドセンス 住宅ローン減税
2013/02/24 09:15:00

毎月●万円を稼ごう、というアドセンス副業の第一目標を達した。もっと時間がかかるかと思ったら、住宅ローン減税のネタが思いのほか好調でね。最近は毎朝、早く起きて会社出社前にデスクに座って作業をしている。自分の書斎ができたから、音楽をかけ、外の景色を眺め、コーヒーを飲みながら時間が持てる。この環境さえあれば、究極の目標「この家分の金額を副業で稼ぐ」を達せるよ。住宅ローン減税ネタがひと段落したから、次はフラット35とLCCを題材にサイトを増やそう。それにしてもコツさえつかめれば、あっという間にアドセンスの稼ぎは増えるものだ。案外、最終ゴールのラインに乗るのもそう遠くはないかもしれない。今年は稼ぎのために取材や投資をして、本格的に腰を据えて挑戦したい。

----

NIKON D800 買いました
2013/03/03 23:38:00

誕生日を変化の節目にする。NIKONのD800と、ナノクリスタルのAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRを買いまして。どちらもプロ機、これから本腰を入れて勝負していこうとの背水の陣。実益と趣味を兼ねた作品を、自分なりのアイディアで創っていこう。大きな投資だが、1年で元を取るつもりだ。2006年から続けているKenbox、やり方も稼ぎ方もだいぶ勉強できたから、ここらで一段階レベルアップさせる、そのためのD800。短文+写真を、詩的アイディアで。36歳の誕生日に誓う。

----

人間の醜さ
2013/03/09 22:44:00

人間の醜さよ、内部統制をするための最良の方法が、外敵を作ることだという。同じグループのつもりでも、人間は個々それぞれバラバラだから、放っておけば、違う道を歩み始めるもの。違う道で生じる矛盾や不平等に誰もが不満を募らせ、怒り、反抗する。その破壊的な感情を内部管理している組織に向けられると困るから、内部管理している組織は、怒りを向ける矛先を仕向ける、それが外敵だ。その外敵がなければ、多勢の怒りは内部管理している組織に向けられて、いつかは組織破壊につながり、グループは散り散りとなる。人間のサガというヤツだから、このループから逃れる術はない。中国では、あまりに多い人口、多種多様な民族がまとめられていて、急激な経済発展と、そこに不可避な格差があり、内部統制なんてできるわけないだろう。抗日や領土問題を鼻の前にぶら下げて、内部矛盾に気づかれるヒマを与えず、大勢の人たちが一丸となり、逆に内部連携意識を生み出すよう、操作している。北朝鮮だって、国際社会での孤立や、経済発展のいきずまりをごまかすためにアメリカ・韓国・日本を敵と設定して、民衆をコントロールしている。アメリカでさえ、2001.9.11の際には無理矢理外敵を作ることで国内の声を逸らした。日本でも中国・韓国・北朝鮮を敵対視する人もいるが、外敵というほどの勢いはない。しかし不思議と小さな内部矛盾を内敵をとらえ、そのくせ大きな内部矛盾は責任を追及しない。国家公務員の給与が高いと叫び、議員年金の廃止を訴える。天文学的な金額の日本の借金には触れたがらないし、民主党政権や白川日本銀行総裁の政策失敗には責任を問わず、ダメだとあきらめる。所詮、人間には外敵を作ることでしか、集団を維持する方法はないのだ。自分たちの家庭レベルであれば外敵はいらないが、ひとつの会社であればライバル会社という外敵を作らなければ内部統制はつとまらない。どうあがいても外敵は必要悪、ただ、自分がその外敵になったら不愉快だ。人間の醜さが外敵を生み、外敵のお陰で自分たちが正常・健康を維持している。これぞ、人間の醜さ。

----

住宅ローン減税 確定申告 体験
2013/03/13 10:01:00

住宅ローン減税の確定申告をしてきました。体験から言わせてもらうと、思ったよりも簡単でした。ポイントは、必要書類だけは完備しておくこと。一番やっかいなのは、確定申告書に金額を記載していく所だけど、それは税務署の方が教えてくれたので考える必要がなかった。期限間近の3月中旬に税務署に行ったから、朝からすごい行列。9時スタートだから、8時半に並び始めて、結局順番がきたのは10時。要領の良い僕はあらかじめ色々な書類やホームページで調べて必要書類を完璧に揃えて行ったから、手続きは非常にスムーズ。担当の人がテキパキと必要書類をチェックしてくれて、はい、それでは申告書を作成するのでパソコンコーナーへと誘導される。ここでも担当の人が、e-TAXというシステムに、自分のデータを入力してくれ、一通り数字を確認すると、自動で最終的な還付額が計算されてきた。申告書を印刷し、必要書類と合わせて一式を提出して終わり。自分の番が来てから提出まで、僕の場合は30分で終わりました。朝から1時間半も順番待ちしたのは辛かったが、もっと早い時期に来ていればもうちょっと楽な確定申告ができたと思う。住宅ローンに限らず、税金関係・確定申告は身近に感じられないもの。まぁさすがに税務署のプロの人たちが導いてくれ、簡潔にできましたよ。これで10年●百万円の税還付が受けられます。

----

最近の仕事関係
2013/04/20 00:23:00

出向から戻って以来、仕事のことで想うことがない。ただ直近で、2つの大きな変化があったのでメモしておこう。1.4年半ぶりに「Y」から「C」に戻りました。2.新人教育係になりました。1の方は念願の変更、随分と時間を取られ、悩まされた案件だ。彼の30歳の誕生日から戻るなんて、それもまた強烈なメッセージ。狭かった時代を脱却し、ようやく広い世界へと打って出るのだ。何事も始まりと終わりがあるが、このY案件はその始まりと終わりに僕が大きく携わり、サラリーマン人生の中でも忘れられない仕事になるのだと思う。2の方は楽しいもので、僕が教育好きだということを思い出した。新人にワザを教えている時、思うのは自分の新人時代のこと。小山さんと谷口さんに厳しく指導してもらったあの恩を、今度は自分が新人に指導することで社会へ返しているのだ。今の仕事は自分の能力・経験の範疇内、それも十二分の余裕の中でできる。だから何の苦もないさ。

----

2013年GWの思い出、可愛い盛りの娘を親に見せたくて里帰り

2013/5/5

2013年のGWの思い出を書こう、狭山・智光山公園の散歩写真と共に。

今回もベビーグッズを山ほど積んだトヨタ・プリウスαで埼玉県へ里帰り。

往復1,000km走っても燃費21km/1Lはホントに凄いなぁ、ハイブリッド技術の恩恵。

人見知りのレイナが、たくさんの人たちに会って、ちょっと愛想が出てきて良かった。

ファーストコンタクトではいつも固まるけど、しばらく様子を見た後には自分のペースで動き出すレイナ。

1時間もすれば、てぃーと言いながらジャンプしていました。

2013GWの思い出1.jpg

ひよこを触ったレイナはびっくりしていました、きっとその温かさに。

智光山公園と三郷のアウトレットモールで散歩中の犬をみかけて「ワンワン!」と叫ぶレイナ。

それぞれ躊躇なく追いかけて、自分からワンワンを触っている姿は可愛いものでした。

動物+我が子の組み合わせはあたたかで、ほのぼのしていて、実に可愛らしい。

埼玉牧場では、疲れ過ぎでパパの胸で眠ってしまったレイナは、抱っこしていていつも以上に重かった。

三郷のIKEAに初めていきましたが、北欧センスの家具に魅かれた。

レイナの従兄弟(奥さん側)のあっくんに初対面、生後5ヶ月の頃なんてどう対処していたか、すっかり忘れてしまっていた。

奥さん側のご両親も、レイナの成長振りをそれはそれは喜んでくれました。

2013GWの思い出2.jpg

正月は家の整理で帰省できなかったから、歩いているレイナを見せられてよかった。

可愛い盛りの今を、僕も自分の両親に見せられて嬉しい限り。

離れているから、回数は少ないけど、その分1回の時間を長めにね。

それでこそ連休中に里帰りした甲斐があったというもの。

実家でレイナが猫を見て「にゃーにゃー」と初めて言ってくれたのも良い思い出。

発音は「いえーいえー」だったけど。

帰りは入間のコストコに寄って更に一杯の買い物をしたら、車の中が満杯の極み。

後部座席と荷物スペースの満席具合を我慢してでも、大量のコストコ商品を積んでプリウスαは高速道路を愛知県へと走る。

カーターズの足つきのカバーオールは最高、レイナに今一番必要なお洋服です。

2013GWの思い出3.jpg

愛知に戻ってからは、家の整理・レイナの歩くリビングのスペースを拡大する工事にとりかかる。

ホームページの方針を「量から質」へと変更。

スガドウさん一家が遊びにきてくれたら、コトハの成長ぶりに僕が驚いた。

コトハを溺愛した昔と、我が子を溺愛している今が交差して、不思議な感じに。

9連休は随分と楽しい思い出を重ねられました。

あー明日から仕事の日常に戻るのですねぇ、もはや次の連休が待ちきれません。

----

工場地帯 みよし市莇生

2013/07/21 23:39:00

ただの気まぐれ、カメラの勉強で写真を撮っています、みよし市莇生の工場地帯。先日この辺りを走っていたら、ちょっと絵になるな、と閃いた場所。もっと強烈な西日が来ているときに撮った方が良かったかなぁ。脇役をネコが買って出れました、ありがとう。最後のコレは違う場所の一枚、ハンドルと燃え上がる空。

----

三好ケ丘 ランニング

2013/07/27 18:19:00

三好ケ丘の住宅街をランニングしてみたが、本当にキレイな街だと感じた。福谷寺から福谷城跡、帰西寺付近は一般的な古い町だったけど三好ケ丘緑に入ると戸建が整然と並び、美と安全と快適さが走る空気でも読めるほど。7kmほどぐるぐると三好ケ丘一帯を走ったら、夏祭りがやっていた。多くの犬の散歩の人がいたり、気温の高い夏の夕方、たくさんの汗をかきました。未知の道を走るのはいつでも楽しい冒険だ。

----

自己ベスト更新の夏

2013/08/18 23:17:00

自己ベスト更新に徹した夏休みになりました。実家にも帰らず、快適な家で子供にべったりな時間を。家族サービスの合間に、冒険ができたのは久しぶりのこと。早朝4時、霧ヶ峰のSunriseでは天候にも恵まれて。今まで知っている中では、日本の美の極点かと思った東大寺・万燈供養会と春日大社・万燈籠。最高の一眼レフD800の威力と、僕のレベルアップの結果があって、いよいよ本物にできたよ、Kenbox photoのページを。金閣寺・銀閣寺・東大寺というアクセス数の多いモノから本物化が完了だ。未知の場所を冒険したわけじゃなく、今まで知っているところを現状の最高に更新しただけ。この自己ベスト更新があるから、次は知らないところに冒険ができる。いよいよだ! これからだ! そんな2013年の夏休み。

----

2013年9月8日

東京オリンピック2020年夏開催での日本経済好転

驚いたなぁ、2020年夏の東京オリンピックの開催決定!

東京に決まるまで何も考えないようにしようと思っていたけど、

いざ本当にオリンピックが東京で行われる、しかも自分の生あるうちに、と考えると

2020年はウチの子は9歳か、だったら家族揃って見に行けるな!とすでに行く気。

下↓は今週末の東山動物園、動物よりもカサに興味津々だったウチの子。

東京オリンピック2020 経済効果1.jpg

世間に関心に薄い僕がそう思ったぐらいだから、これから東京オリンピック2020で経済効果が出る。

お見事ですよ安倍政権、経緯や批判はともあれ、結果を出すのが政治リーダーの仕事。

これもアベノミクスのシナリオ通りなのか、どれだけ優秀なブレーンが揃っているのか。

2~3年前の民主党政権とは何が違う?

周囲の取り巻きレベルは一緒だろうから、やはり、トップの資質に尽きるのか。

東京オリンピック2020 経済効果2.jpg

為替とオリンピック招致の難題を乗り越えたアベノミクス。

明るい幸先が見えた日本の経済情勢は好転していくだろう。

7年先のことは全く具体的なイメージができないけれど、明るい近未来が生まれた気分。

久しぶりに心が震えた社会ニュースでした。

----

台風26号 飛行機 遅延

2013/10/16 07:15:00

台風26号での飛行機の遅延・欠航情報。2013年は台風の当たり年、まぁちっとも嬉しくないが。地元の中部国際空港・セントレアでも、午前中便に軒並み遅延・欠航が出ている。これから旅立とうとする人たちに、風神の御加護がありますように。今朝の時点では、愛知県東部の我が家付近は風が強いものの快晴。なんと見事な虹が出ていたので、つい写真を撮ってみた。天災は自然の再生・循環に意味があると言う。山火事は森を焼失させるが、その後で若い森が生まれ、古い森との交代を促している。太陽や雨の意味は分かるのだが、どうも風の再生効果だけは未だに分からない。

----

互いの実家へ帰省 人見知り→誰とも仲良くなるに成長した2才

2013/10/20

子供を連れて互いの実家へ帰省、半年前からの子供の成長ぶりに気が付いた。
人見知りをして仕方がなかったレイナが、今回は3分も経たずに誰とも仲良くなる。

「じーじ、こんにちは」なんて言うんだから驚きだ。
この旅で披露したレイナの可愛いポーズ(ピンボケしたので誤魔化してます)。

互いの実家へ帰省1.jpg

自分たちが子供の頃に遊んだ、西ドイツ製(!)の列車のおもちゃを見て懐かしく。
移動の車内でオニギリと海苔を食べ続けて、お腹がMAX膨らむレイナちゃん。

従弟の頭をよしよし、と撫でてあげるとは偉い。
誰にも構わず宇宙語を話してあげるレイナ、気持ちは伝わる?

今回からはベビーサークルとかの大荷物がいらなくなって、移動も簡単になりました。
900kmを走って、驚きの平均燃費22km/1Lのプリウスαは凄い。

互いの実家へ帰省2.jpg

もう36年も僕は食べ続けているのでしょうか、

母の手作りチーズケーキはいつでも最高に美味しい。

昔からこれを商品化すれば売れる!と思い続けています。

子供の成長はちょいちょい互いの両親に見せたいものだ。

----

秋の山中湖での思い出写真 初冠雪の富士山は見れず

2013/10/21

平野は晴れていても、山間にある山中湖が晴れているとは限らないよね。

実家帰省の帰り道、初冠雪したばかりの富士山を見れる?と期待しながら山中湖に寄る。

昨日までの雨でたまった水分が霧で出ていて、まったく富士山は見えません。

自慢の一眼レフカメラで撮るつもりだったのに残念。

山中湖 思い出 写真1.jpg

ランチはフジヤマキッチンの自然食をいただく。

木目を活かした店内の優しい雰囲気、テーブルから見えるハーブガーデンが、料理の美味しさを引き立ててくれる。

その後は隣のハンモックカフェで、人生初のハンモックに揺られて家族一同でキャーキャーしました。

楽しかったな、揺らして揺らされて。

山中湖 思い出 写真2.jpg

山中湖で思い出すのは、山中湖ハーフマラソンを走ったときのこと。

初夏の爽やかな風と、体力限界で辛かった途中の走り。

もっと辛かった道中、元々縁遠い立場だから仲間に入れなかった。

子供の頃には親に連れられて何度か訪れたはずの山中湖、

どこを見てもその記憶が蘇らないのは寂しいもの。

河口湖よりも山中湖という言葉の方が何故か響きに親しみが湧く、それって子供の頃の記憶のはずなのに。

山中湖 思い出 写真3.jpg

次は富士山が見える山中湖に会いたいものだ。

秋の深まりを感じる風、気温15℃前後の山中湖の思い出写真でした。

----

2013年 紅葉写真

2013/12/02 19:19:00

2013年も紅葉写真のために各地へ行きました。

D800のカメラの性能の良さにあらためて驚いた。

F値はF8が最良、手持ち撮影ではブレが出てしまう、シャッタースピードは勉強不足。

11月上旬の白川郷と段戸湖~寧比曽岳をスタートに、

愛知県民の森でのトレイルランニング、雲興寺と香嵐渓と小原の四季桜。

京都は東福寺・常寂光寺の両紅葉名所をメインに、二尊院と祇王寺。

(香嵐渓にて、天然の色使いに驚く)

春にフルサイズ一眼レフD800を買って、桜から紅葉まで季節を一巡。

冬にはあまり撮る習性ないから、これで一旦落ち着いた。

来年からはテーマ重視、品質重視でもっと深く学べていけたら。

2013年の紅葉は、全国的に寒暖の差が大きく、当たり年だった。

特に気になった写真はこの2枚、どれも独特の美しさのある場所だったが、ピントが甘いなぁ。。。

(二尊院にて、レインボーカラーとの組み合わせの妙にびっくりして)