アメリカ留学ビザの必要書類 滞在費用証明書のサンプル

2010年1月27日

ビザの世界ではちゃんと文書に落として申請することが大事だ。 親が子供の留学費用を払うなんて当然だよね、 でもそれはちゃんと親がレターを書いて申請書類として提出しないといけないよ。 だって大使館も仕事だから常識ではかるのではなくて、紙になったものでしか判断できないから。 未成年がアメリカ留学ビザを申請するとき、費用の捻出先を明示することが必要だね。 それは本人名義の銀行の英文残高証明書が一番いいんだけど、 未成年が100万も200万も持っているわけがない。 だから通常は親名義の英文残高証明書とか、給与明細を添付するんだ。 そして、親から大使館に当てたレターを出そう。こんな文章だよ。 自分の子供だからって、親が出すのが常識だ、なんて考えちゃダメだ。 子供が可愛いならちゃんとカタチにしておこう。 パスポート写真2.jpg Embassy of the United States of America Nonimmigrant visa section Tokyo, Japan Dear Sir/Madam, I, xxx XXX(father), respectfully guarantee that I will pay all the necesarry expenses regarding my legal son, Mr.xxx XXX(son or daughter)'s study in your country. Also, I will be responsible for all the action of Mr. xxx XXX(son or daughter) during his/her stay in the United States. I thank you for your kind consideration of this application and look forward to your favorable response. regards, (sign) xxx XXX(father) パスポート写真5.jpg 「今から考えるとわたし、よくアメリカ留学ビザ取れたな」 tokoは冗談まじりに笑った。 「だって、あの頃、19とか20の時にビザ面接なんてしたら わたし、ヘンなこと言っちゃいそうだよ。 面接でビザ却下されてたかも!なんてね~」 「大丈夫だよ、その年齢の申請者に詳しい目的なんか聞くもんか。 書類とお金があれば問題ないでしょ」 そうは言ったものの、tokoの言う心配事はもっともだと思った。 アメリカ留学ビザ、それはFの学生ビザであれ、 Mの専門学生ビザであれ、Jの交流訪問者ビザであれ、 一番大切な目的を答えられない人が多いのが実情だろう。 「ケン、もちろんただ英語を学びたい、っていう理由だけじゃ弱いんでしょ?」 「弱いよ。日本の英会話スクールに通えばいい、って言われたらもう反論できない」 「そうだよね。なんか他の目的を立てなくちゃダメだよね。 でも実際あの頃なんて特に目的はなかったもん。 お金を出してくれる両親がいて、 新しい世界に飛び込みたかったからアメリカに留学しただけ。 そんな人が多いんじゃないかな」 「そうだね。まぁ9.11以前はそれでよかったけど、 もう留学=自動的にアメリカ、と考える時代じゃないからね。 他の安心な留学先もいくらでもある。 だから、きちんとアメリカに何を学ぶために行くのか、 そしてそれを日本に帰国した後でどう活かすのか、 それを説明しないといけなくなると思うよ、これからの留学ビザ申請者は」 わたしはそう言って言葉を閉じた。 昔は良い時代だったんだ、まだなぁなぁの世界で互いがある程度信用できた。 でも今はもう・・・。